トーカ堂社長の発言が気になる!そこのあなた!

次々商品が出てくるから欲しくなる

テレビショッピングではお馴染みの手法ですが、トーカ堂でも取り入れているものがあります。それは最初は高いと思っていた商品でも、次々とプレゼント商品が出てくるから最終的には安いと感じてしまうやり方です。例えば、ダイヤのネックレスが10万円程度と聞くとちょっと高いと思ってしまいますが、話が進んでいくうちにだんだんとスゴイプレゼントが登場し、合計で10万円以下なら安いと思ってしまうのです。1点なら高いと思う金額でも、高額商品だと思われるものがセットで付いてくるとなると、話は違ってきます。消費者が欲しくなる心理を上手く利用した販売方法をトーカ堂はとっています。
また、最終的には北社長が控えめに金額を言うことで更に遠慮しているイメージを与え、消費者はお買い得だとより感じられる販売方法を取っているようです。一度トーカ堂のテレビショッピングを見てしまったら、何となく見てしまい、最後にはついつい買ってしまったという方も多いのではないでしょうか。最初は買う気は全くなくても、北社長のトークに引き込まれ最後には買ってしまう方が続出しています。
ダイヤのネックレスでは最初はペンダントネックレスだけだったのが、どんどんブレスレットやダイヤをちりばめたネックレスも付いてくることで欲しくなってしまうのです。

 
 

関連サイト