社長自ら交渉を行なう姿勢

社長自ら交渉を行なう姿勢

トーカ堂は他社と比べても安いと感じる方も多いでしょう。社長自ら現地まで足を運び品質をチェックしたり価格交渉を行なっているのだとか。テレビショッピングを行った当初は自社商品のみの扱いだけだったようですが、今では多くの大手メーカーとも取引があって限定品の販売も行うようになっています。例えば真珠の産地に足を運んで実際の品質を目でみたり、価格交渉して極限まで安くできないか話を進めることもあるそうです。日本以外にもベルギー、タヒチなど海外にも実際に行っており、社長の交渉力と品質を見る目があるからこそトーカ堂の信頼感が生まれてきたのかもしれません。
トーカ堂には他社よりも安いと思える商品があったり、同じくらいの価格の場合では付属品を付けて安くする努力もしている点は消費者としては嬉しいですね。一般の企業では営業担当者とか、バイヤーなど色々な役目がいる中トーカ堂は社長自ら足を運んでコストカットしているように思います。自分の目で見たものでなければ信用できないという考えなのかもしれません。この営業力はかつてほかの企業で働いていた実績が元になっているそうですよ。今後も世界中を飛び回って良い商品を見つけてくれることを期待したいですね。